ばろぐ・ほいダウン

2010年Nゲージにより鉄道事業を開始。2011年Gゲージに参入することで事業拡大。常に夢と目標と野望を持ち活動していく。

MENU

The QUEEN of PURPLE(QOP) 1st Liveはまさに完全燃焼だった

2019年6月9日、QOPの1stライブ「The QUEEN of PURPLE 1st Live “I'M THE QUEEN, AND YOU?"」がZepp Tokyoで行われました。
5月に発売した1stアルバムを引っさげてきたぜ!!
すでにTwitterなどで明かされているためサプライズでやった楽曲もここに書きますが、もし見たくない方は戻ると良いと思います。

Tokyo 7th シスターズ3rdライブでライブデビューしてから武道館ライブ・4thライブときて、いよいよ単独ライブ!
待ち望んでいたファンも多かったのではないでしょうか。
ゴリゴリのロックバンドだけあって会場はほぼオールスタンディング。
そして何よりZepp TokyoはTokyo7thシスターズの1stライブが行われた記念すべき場所。
あの頃はまだQOPは結成されていませんでした。
そんな思い出深い場所で行われたライブを振り返ってみたいと思います。

セットリスト

  1. I’m queen,Bitch?
  2. Majesty
  3. THUNDERBOLT
  4. TRIGGER
  5. KID BLUE~裸の王様~
  6. Purple Raze
  7. R.B.E
  8. Wake Up Heroine
  9. Clash!!!
  10. I AM
  11. DAYS

ミニコーナー きゅいーんおぶぱーぷりゅ

En1. 空色スキップ(アコースティックver.)
En2. WORLD’S END
En3. CHECK' MATE
En4. Fire and Rose

感想

I’m queen,Bitch?

1曲めから会場の一体感を思い知ることになる。
いわゆるオープニングの立ち位置に当たる短い曲なのだが、コールが揃う揃う。お前らこれ初披露だぞ。
きっちりアルバム聴き込んでるんだなと感じました。

Majesty

さあ、本格的にライブスタートだ。会場はものすごい熱気に包まれる。
あっつ!!
いや、曲も熱気もあっつい!!
2曲めで汗ダラダラ。

THUNDERBOLT

「Tap on the top!! Top of the rock!!」
このフレーズに尽きる。
6月9日のロックの日に「ロックのトップだ」と叫べることの幸せといったらこの上ない。
会場を煽り盛り上げたQOPの4人はまさにトップだった。

TRIGGER

CD音源ではボーカルのムラサキとベース兼コーラスのファーブの声しか入っていないが、ライブでは4人全員が歌う。
今までよりもパート分け多かった気がします。
すっごいよね、やるたびにレベルアップしてる。

KID BLUE~裸の王様~

それまでの曲とは少し曲調の違うこの曲。
ひとりひとりの動きを楽しみつつ、まさに聴く曲であったと思います。

Purple Raze

ここからムラサキ役の野村麻衣子さんがはけてそれぞれのキャラクターを表した楽曲を披露していく。
この曲はファーブの表の顔とは違う熱い想いを歌った曲。
サビ終わりの「YES!!」は思い切り叫びましょう。

R.B.E

アルバム収録曲の個人的推し。
ユメノの楽曲。
いやもう、まさにユメノって感じ。
ロックに歌ってるけど、いつもは「おにゃのこ」とかいっちゃうユメノの個性が今回のライブでもたくさん出ていました。

Wake Up Heroine

マツリさんの楽曲。
マツリじゃなくてマツリさん。
「R.B.E」の前のMCコーナーでサビの「We no」はみんなにも歌ってほしいとマツリさん役の巽悠衣子さんが言ってた。
だからみんな歌った。

Clash!!!

ここからムラサキ役の野村さんが戻ってきた。
武道館ライブでサプライズで発表された曲。
あの時は新曲でみんなできなかったコールが、今回は完璧。
しかもなんかパワーアップしてやがる。
えっ、打ち合わせたわけじゃないよね。
おかげでめっちゃ楽しかったよ!

I AM

この曲は歌詞に注目してほしい。
絶望した時にこそ聴いてほしいそんな1曲。
もちろん盛り上がった。

DAYS

「オーオー!」とみんなで大合唱した。
「もっと聞かせて」とムラサキが煽ってさらに大合唱になった。
なんか泣きそうになった。
これがエモい。そういうこと。

きゅいーんおぶぱーぷりゅ

デフォルメされたムラサキ、ファーブ、ユメノ、マツリさんの4人がわちゃわちゃするミニアニメーションコーナー。
アンコールの準備が終わるまでの繋ぎ。
話の内容はどうやらアルバムのレコーディング中にあった話をアレンジして面白おかしくしたもののようだ。
まだ1公演残っているから詳細は書かないでおこう。
表情がよく変わるムラサキとファーブに注目だ。

空色スキップ(アコースティックver.)

ユメノとマツリさんで歌ったCi+LUSの曲。
おいおい、本家より先にライブで歌っちゃったよ。
楽しいからいいけどね。
おしゃべりからそのまま始まった感じで、1番だけで終わるかと思ったらフルでした。

WORLD’S END

「2曲続けてサプライズだよ」ときて「WORLD’S END」
ガッツポーズしたよね。
頭の中終始「やべえ」でいっぱいだった。
やべえ。

CHECK' MATE

サプライズの2曲め。
イントロでわかる。
はー、強い。
こっちがチェックメイトされてるわ。
ここで持っていたペンライトが調子悪くなる。
高まりすぎたようだ。

Fire and Rose

ラストの曲。
言うことはない。
みんな高まったでしょ。
ラストにふさわしい盛り上がりだったと思います。

まとめ

今回のライブ開演前のアナウンスを4Uがやるというサプライズから始まりました。
そこから自分たちのパフォーマンスをする、そんなQOPらしさがいっぱい詰まったライブだったのではないかなあと思います。
もっと色々語りたいのですが、高まりすぎて語彙力を落としてしまったようです。
まだ14日の公演が残されていますから、行かれる方は目一杯楽しんできてください。

聴いてない方はぜひ

I'M THE QUEEN(初回限定盤)

I'M THE QUEEN(初回限定盤)

TRIGGER / Fire and Rose(通常盤)

TRIGGER / Fire and Rose(通常盤)

TRIGGER/Fire and Rose - Single

TRIGGER/Fire and Rose - Single

  • The QUEEN of PURPLE
  • アニメ
  • ¥500

I'M THE QUEEN

I'M THE QUEEN

  • The QUEEN of PURPLE
  • アニメ
  • ¥2200